住宅ローン金利推移ナビ - 今後の動向とプラン比較など

 

あなたは、マイホームを購入しようと考えていませんか?人生の中で一番大きな買い物と言われるのがマイホーム。そのため現金一括で購入する方は少なく、ほとんどの方が住宅ローンを組むことを考えると思います。そうなると、このとき一番重要になってくるのが金利推移ですよね。あなたは現在の金利推移の動向を把握できているでしょうか。

 

住宅ローンというのは、一度借り入れたら20年・30年と長く付き合っていかなければならないものです。その期間は想像以上に長く、当初は予想していなかった事が起きても不思議ではありません。それでも何が起こっても毎月の支払いは迫ってくるものなので、慎重にプランを比較して組みたいものですね。事前に十分な知識を持っていないと、あとあと損をすることになりかねませんよ。

 

そこで、こちらでは住宅ローンの金利推移について詳しく解説しているので、住宅ローン金利比較の参考にしてみて下さい。人気のフラット35についてもご紹介しているので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。こちらでご紹介しているのはあくまでも過去の金利推移の動向ですが、それぞれ商品に特徴やメリット・デメリットがあるので、しっかりと動向を把握しておきましょう。

 

現在では、銀行やゆうちょ銀行等の金融機関だけでなく、銀行以外にも様々な所で金融商品を取り扱っている時代です。新しい商品が登場したり、特定の期間やある条件を満たした方向けにキャンペーンを行なっていたりして、年々比較が難しくなっているのが現状です。だからと言って、マイホームを諦めることはありませんよ。プランの選び方次第では、数百万円もお得になる組み方があるんです。

 

また、近頃では誰もが相談しやすいように、サポート体制が整っている銀行など金融機関があるので、そういった所を利用するというのもお勧めです。万が一支払いに困った時などに迅速に対応してくれると思うので、そう考えると安心感がかなりありますね。住宅ローンを組む時だけ考えるのではなくて、それら後々役立つサポート体制の有無を比較する事も重要だと思います。

 

ちなみに、不況の影響からか最近人気なのが固定型のフラット35ですが、人気だからと言って安易にフラット35を選ぶのは避けておきましょう。もちろん固定型なら支払期間中ずっと利率は一定ですが、変動型より高くなっています。なので、フラット35の特徴を損ととらえるか得ととらえるかは人それぞれですね。よって、あなたに合った金融商品を組むよう比較検討しましょう。長期の借入となると、少しの金利の差が思わぬ金額の差になりますからね。それではごゆっくりご覧下さいませ…

 

住宅ローンとは?


あなたは、住宅ローンについてどんなイメージがありますか?

 

マイホームの購入を検討する際の支払いは、ほとんどの場合住宅ローンによって行いますよね。

家を買うことは非常に大きな金額を必要とするので、一括で支払うことができる人はごく一部だと思います。

 

現在手元にある資金だけで購入できれば借り入れの必要はないですが、実際そういうわけにはいきませんよね。

 

その形式で融資を受けるにあたっては、どのような機関から受け取れるのかというと、主に公的機関や民間の会社になりますね。

 

しかし、実は「民間の金融機関からの融資」であることが定義されているんです。

 

よって、本来は公的機関からの融資は住宅ローンには含まれていません。

 

ただし、厳密にはそうでも実際には同様なシステムが組まれていて、区分する必要性はほとんどないので、便宜上「住宅ローン」という言葉でひとまとめにしているのが現状です。

 

それを踏まえた上で、住宅ローンについて学んでいきましょう。

 

利用する上で一番気になる点といえば、やはり金利推移ですよね。

 

通常の借り入れと違って住宅ローンは非常に高額です。

 

当然パーセンテージによって決まる利率もその分高額になるので、金利推移は非常に大きな注目を集めています。

 

また、住宅ローンにおける金利推移は単純にその動向だけでなく、その時代の制度や景気などの指標にもなるので、事前に学んでおいて損はないと思いますね。

 

金利推移について


あなたは、住宅ローンの金利推移を知っていますか?

 

日本において、住宅ローンの制度はかなり昔から存在していましたよね。

ただし、現代のようにしっかりと制度が整備され、またそれぞれの利率が確立されてきたのは1980年代に入ってからと言われています。

 

この頃になれば、銀行や信用金庫等の取り扱いが増えて、かなり規模も拡大し、ほとんどの一般市民が利用しやすい制度となりました。

 

そんな1980年代〜2000年代に到るまでの金利推移を見てみると、徐々に下がっていることが分かると思います。

 

まず、1980年代は中盤から終盤にかけて下落傾向にありました。

 

しかし、その後1990年代に入りバブルがはじけると同時に大きく上昇し、最大で9%近い数字にまで上がっていることが分かります。

 

その後、景気の安定を目指して、日本銀行が利率のコントロールを行ったことによって徐々に落ち着きを見せ、1995年頃には平均で4〜5%、2000年頃には2〜3%のラインまで下がりました。

 

2000年代は、この2〜3%の間で大きな変動もなく移り変わっています。

 

住宅ローンの利率は、銀行や公庫などそれぞれの融資先においてある程度異なりますが、金利推移においてはほとんど違いがありません。

 

それぞれが同じ時期に上がって同じ時期に下がっています。

 

これは、日本銀行がコントロールしているために起こり得る事象になります。

 

基本的には政府がコントロールするのではなく、日本銀行が政策として制度を用いて制御しています。

 

そして、その動向として上がる時は一気に引き上げられ、下がる時はなだらかに下がるという動きが見てとれますね。